税理士のHowTo教えます!

どんな仕事をしているの?税理士の1日に密着!

ズバリ!税理士のお仕事内容とは?

税理士は、個人や中小企業などの「税金」にまつわる様々なサポートをする税務のプロです。
税金には、消費税、所得税、住民税、法人税、相続税、贈与税、固定資産税…と様々なものがあり、国民にはそれぞれ納税義務がありますが、特に自営業者や個人事業主にとっての確定申告の時期は税理士の繁忙期となります。
税理士には、「独占業務」として、納税者に代わり、税金の申告ができたり、確定申告書や相続税申告書など税務署に提出する書類の作成、税金の算出方法や相続、贈与に関する相談対応が許されています。
自営業者や年金生活者は、毎年、1年間の収入や経費を計算して申告する「確定申告」をします。
個人に課せられる税金額が決まる重要な申告ですが、会計の専門知識も必要となるため、依頼者に代わり、税理士が書類の作成から申告までを行うことで、依頼者の負担を減らすだけでなく、国民としての納税義務にも大きな役割を果たしていると言えます。

さまざまな得意分野

税理士には、税理士にしかできない3つの独占業務があります。
そのため、これらの案件に関しては、必然的に税理士へ依頼がきます。
納税は、国民にとって義務ですが、しっかりと納税するためには、税金や会計についての知識が必要となり、申告においても大変であることから税理士への需要は常にあると言えます。
また、税理士は、税務関係のことはもちろんですが、税務会計の知識を活かして事業継承やM&Aコンサルティング、企業の株式公開における支援業務など幅広く、高い専門性が求められる依頼が多くあります。
よって、主な業務である納税のアドバイスや申告書作成に加え、税理士が担える業務の範囲は多岐にわたります。
税理士は、それぞれに得意分野を持っていたりするため、複数の税理士が所属する税理士法人を立ち上げているところに相談するのもよい方法です。