税理士のHowTo教えます!

税理士になるためには?

税理士は、「税金のプロ」と呼ばれ、税務書類の作成や申告書の提出作業など、依頼者に代わって行います。
税金の計算はとても複雑な上に、企業の1年分の収支計算は容易なものではなく、地道でミスの許されない作業が殆どです。
万一、納税時の申告漏れや間違いなどがあった場合は、信用問題になるため、常に緊張が付いてまわる仕事と言っても過言ではありません。
また、税率なども頻繁に変わるため、日々の勉強も欠かせません。
そんな、多大な責任と緊張感のある仕事の税理士をなぜ、多くの人が目指すかは、もちろんそれ以上にやりがいや魅力も多大にあるからと言えます。
まず、納税の義務は、全ての国民にあるため、税理士は、幅広い年齢層、職種の方々と接する機会が多くなり、色々な方との出会いから、新しい発見や世界を見ることも魅力の1つです。
そして、スキルや知識を身に付け、信頼を勝ち取ることができれば、若いうちから活躍できる仕事でもあります。
税理士は、企業の税務を担当するだけでなく、経営の相談に乗ったり、節税などのアドバイスや払い過ぎた税金を戻すことにより、感謝されることも多いため、そこにやりがいを感じる人も多いようです。
税理士に限らず、他の専門職にも言えますが、1番はどこに行っても税理士として活躍できることが大きいのではないでしょうか。
専門的な知識は、土地が変わっても、多くの人や企業に必要とされるため、都会でも田舎でも需要はあります。
ゆくゆくは故郷で…と考えている方も、現実的に可能であり、末永く続けていける職業です。

税理士になってよかったこと、大変なこと

税理士になるためには、複数の方法があります。 税理士試験に合格すること、公認会計士、弁護士資格を取得すること、税務署等で2~3年以上勤務し、指定の研修を受けることなどです。 しかし、そもそも税理士試験を受けるための条件もあるため、細かく確認しましょう。

どんな仕事をしているの?税理士の1日に密着!

税理士は、職場と依頼者のところの往復、税務署への立ち寄りが殆どです。 依頼者からのメールが無いかのチェックから始まり、その内容によって1日の予定が決まることもありますが、通常は、連絡会議で、各自が担当している案件の進捗状況などの報告を行い、その日の作業が円滑になるようにします。

税理士の需要と供給バランスに変化

全ての国民には、納税義務があります。 その納めなくてはいけない税金などについての専門家が税理士です。 税理士は、個人にも企業にも必要とされるため、多くの需要がありますが、昨今では、ITの進歩により、税務申告や会計処理もオンラインでできるようになってきた部分もあり、今後の税理士業務はどうなるのでしょうか?